記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 小学校のランドセル事件。文科省が伝えて初めて対応する学校の質とは
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 小学校のランドセル事件。文科省が伝えて初めて対応する学校の質とは

 

小学校のランドセル事件。文科省が伝えて初めて対応する学校の質とは


 

最近のニュースで気になる内容がありました。

それがランドセルが重たいので、通学の際は、学校に教材を置いてよいという事です。

 

この事自体なら、まだいいのですが、それが、上の文科省が通達したことです。

・重いランドセル 文科省が“置き勉”認めるよう全国に通知へ  NHKニュース

 

これについては、前々からあったのですが、こんな感想が多いです。

 

  • この程度のことも教育委員会や学校単位で決められないんだな。学習指導要領の「生きる力」とか笑わせる。まずは教員や組織の考える力を養ってどうぞ
  • なんでこんなことわざわざ文科省が通知を出すのだろう。各教委で考えれば良いものを/逆に言えばそれだけ教育界では中央集権というか同調圧力が強いのだろうな
  • 文科省が言わないとできない教育委員会。他校が中止しないと中止できない猛暑日の屋外活動。この方々が教育して大人になる子どもたち。もういますねー。
  • 現場の人は上に忖度して何にもしないし、政治家は票と政局しか考えてないし。。。役人のほうがまだマシなこの国って・・・。  

 

もちろん、多くの意見があります、教育現場の「荒廃」は、この内容でわかります。

個々の教師が良いとか・悪いとかのレベルではありません。

結果的に、みんな不幸になるように一定数があるわけです。

 

学校の卒業記念品事業も、こうした点を踏まえて対応しております。

もちろん、個々の学校自体には、何の不満もありませんが、やっぱり尊敬できる「職業」であってほしいものです。

2018年9月4日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間